個展と並行して、作品発表の場としてWebサイトを活用をすることにしました。

実際のギャラリーとは異なり、使用料・開催期間・展示作品数、天候やアクセスにも影響されず、世界中の人々が観てもらうことができます。そうだ、モックアップ(mock-up)も活用しよう。作品を巨大化してみたり、ユニークなフレームにしてみたり、展示会のイマジネーションが広がります。

それでは、ゆっくりとバーチャルな空間での「空想美術館」を楽しんで!

In parallel with my solo exhibition, I decided to use the website as a place to present my work.

Unlike the actual gallery, it can be seen by people all over the world regardless of the usage fee, holding period, number of exhibited works, weather and access.Yes, let's also use mock-up.Try to enlarge the work, make it a unique frame, and expand the imagination of the exhibition.

So, take your time and enjoy the “imaginary art museum” in a virtual space!